「チラシを速攻で作る技術をマスターする」

チラシ

「チラシを速攻で作る技術をマスターする」

新規の情報が入ってきた時は競争です!

なぜか?
それは隣の人が買うからです。
同じマンションの人が買うからです。
同じ町名の人が買うからです。

チラシをまく効率がものすごくいい

場合によっては20枚くらいですから
もちろん情報元に許可をもらわないと取引できません。

だからお店では禁止しているところもあります。

ではどうするか
情報元が自分だけにくるようにルートを作ればいいのです。
簡単に書いていますが大変です。

相手も私に対してメリットがないとわざわざ情報を出しません。
だから日頃からマメに情報提供していくのです。

与えれば与えられる
この精神!

雑談でもいいのですが
一番喜ぶのはお客様のたくさんの反応です

この物件はすごく感度が出ましたとか

あそこの住宅は玄関がイマイチだったとか

生の声です
この情報を与えるだけでも全く違います。

まとめ
・チラシを速攻で作る
・普段から情報を与える